「成熟した社会」とは、どのような社会なのだろうか。
効率と効果が追求され、物質主義と高収入を目指す経済中心の社会なのだろうか。欲しい物が何でも手に入り、痛みや挫折、敗北感を味わうことの無い社会なのだろうか。確かに経済活動の成長も重要な側面と言える。しかし、ペットショップ経営10年、障害福祉サービス事業活動7年、そして家族の介護を20年以上担ってきた経験から学んだことは、人が生きる喜びは、誰かのために何かが出来ることだと感じる。
また、私は、幼い頃から犬や猫を飼ってきた。犬や猫たちからは、人間がどんなに努力しても与えることが出来ない無償の愛と信頼を受けた。
そして今、「互いに認め合える社会」こそが「成熟」の基本であろうと思う。

人が本質的に持っている、愛情、善意、厚意、慈悲、誠実さ、優しさ、思いやりを培い、障がい者、高齢者そして健常者が互いに認め合い、成長できる活動を第一に、命の尊さを追求する活動を始めた。
この活動を持続していくためにNPO法人格を取得し、私たちが活動を続けることにより動物愛護精神の普及啓発、ボランティアのあり方、障がい福祉の新しいかたちを提案していければと考えている。そして近隣住民のみならず社会全体へ生き方の提言を続けていこうと思う。

国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る。

マハトマ・ガンジー

目指せ犬猫殺処分ゼロ! NPO法人 Peace Design


ご質問などお気軽にお問い合わせ下さい。

NPO法人 Peace Design事務局
〒517-0501 三重県志摩市阿児町鵜方4050
☎ 0599-43-5616  FAX:0599-43-6344