2021年8月29日午前3時
晴朗が虹の橋に向かって旅立ちました。
彼は、派出所の駐車場に段ボール箱に入れられて捨てられていました。
段ボールに入れられて捨てられた犬って と保健所に見に行くと
「ぼくやね、ぼくを迎えに来たんやね」と初めからおしゃべりな犬でした。
晴朗は、
賢いとか大人しいとか咬むとか咬まないとかそんなことを超えたところで生きている
生きることそのものを楽しんでいる犬でした。
いつも大きな声で「お帰り」「ごはんでしょ」「おやつでしょ」と言ってくれました。

晴朗、私たちにあなたと暮らす機会を ありがとう♡
はなこを見つけて一緒にスキップしながら待っててね☘


2021年6月16日 18:30
虹の橋に向かって出発しました。
5月11日にあすまいるからやって来て、たった37日間だったけどおもちゃ箱から飛び出てきたようなcuteな性格でした。
大輝!出会えて良かった!


2021年3月15日

本日未明

さくらが虹の橋へ旅立ちました。
さくららしく
誰にも弱音を吐かず
静かに旅立ちました。
さくらは、市営住宅で13年間暮らしていましたが、本来市営住宅はペット不可だと、手放すか引っ越すかと行政から言われた飼い主さんからの相談を受けて引き取りました。
行政批判をするつもりは、ありませんが、
少子高齢化の中
見直すべきルールがあるのではないでしょうか?
そして何より担当者によって違いがあるのが行政だなあ という印象を受けます。
何故ペット不可であるべきなのか
どうすればペット可にできるのか
動物愛護や共生が広がる中で、考えて行かなければならないことだと思います。
さくらは、高齢ながら
とっても頑張りました。新しい環境に馴染もうと努力し、媚びず、拗ねず、迎合せず
さくら短い間だったけど
楽しかった?
元の飼い主さんも毎日お見舞いに来てくれていました。
さくらは、
みんなの愛情を抱えて
虹の橋に向かっています。


2021年2月12日
今日、メイが虹の橋に旅立ちました。
お昼寝しているみたいでしょ

メイは、あすまいるから来ました。トイレでおしっこ出来なくて、うんちもトイレで出来なくて
とっても人懐こい性格なのに里親さんの見つからなかったメイ

こんなに早く逝ってしまうなら夜もケージに入れず、好きなところで好きなようにおしっこ、うんちさせてあげればよかったね。
ごめんねメイちゃん
しんどいのも気づいてあげるのが遅くて
ごめんねメイちゃん

ピースに来てくれて
ありがとう メイ

2020年12月8日
昨日、素敵な笑顔を見せてくれた松雄
今朝、亡くなっていました。
昨年7月末、松雄は、松阪保健所で何も食べずずっと横になっていました。私が見に行って話し掛けるとポソポソとフードを食べ始めました。
ミニチュア?っていうほど大きなダックスでしたが、とても思い遣りのある犬でした。
松雄のお陰で鵜方施設は、いつも優しい時間が流れました。
最近の松雄の元気さは、
きっと松雄からの
精一杯のありがとうだったのでしょう。
松雄、虹の橋のたもとで
私たちを待っててね❤️

2020年9月4日未明
ゲンキは、虹の橋に向かって走り出しました。
8月31日にてんかん大発作を起こし、5日間頑張ってくれました。
ゲンキ・あなたが初めて「 楽しいね」って笑ってくれた日のこと生涯忘れない。
ゲンキ・とても賢くて、がまん強い子だったね
ゲンキ・遠い大分県から三重に来てくれてありがとう
ゲンキを大切に思ってくださったみなさま、ゲンキの笑顔、覚えていてやってください。

2020年7月31日7:48
虹の橋に旅立ちました。
百合一族の最後のひとり
甘え上手な17歳でした。
今ごろ虹の橋で百合さまに
その後のピースの様子を報告してくれているでしょうか。
先に行かれた飼い主さんに会って大喜びしているでしょうか。
年老いた猫と暮らす優しい時間をありがとう四つ葉

2020年7月30日 はなこが突然、虹の橋に旅立って行きました。勝ち気で負けず嫌いな はなこ、誰より先に橋のたもとに着くんだ!と走っていると思います。
道端で倒れていて保健所に収容された はなこ
晴朗ちゃんとスキップしながら散歩して、ごはんをバグバグ食べて、楽しかった??
はなこ、私たちは、あなたから生命力の素晴らしさを教えてもらいました。
ありがとう❤️

2020/7/7 17:50
夏々が虹の橋に向かいました。
夏々は、施設に入る飼い主さんにより
保健所に入りました。
今は、個人情報保護でなんにも
つながりませんが
もしも
もしも元飼い主さんが今もご存命なら
彼女が、精一杯生きたことを
知らせてあげたいです。

お転婆で美味しいものが大好きだった夏々、
今頃、音羽を見つけて
走って追いかけて、一緒に歩いているね
13年間一緒に暮らした人と
虹の橋を渡っても
私たちを待っててくれても
あなたの好きにしていいよ、あっ言わなくても好きにするね 夏々はハートマーク

2020/7/4 11:30頃
音羽 虹の橋へ向かってしまいました。
どれだけ長生きしてくれるか楽しみにしていました。
ぐるぐる回りながら
「音羽!」と声を掛けると
小首を傾げて
「なんでしょう?」
毎日午後5時30分になると毎日
「うぉーん」「うぉーん」
「みんなもう帰るんやね 」と

音羽 あなたが残してくれた教訓を
みんな忘れず、これからもピースに来る子を幸せに出来るよう頑張る四つ葉
音羽 あなたの存在はとても大きく
私たちは、さみしいです。

2019/12/26 太郎虹の橋に向かいました。

18歳で虹の橋に向かった百合さまの子ども

太郎さんも旅立ちました。2019年12月26日未明、17才の生涯を閉じました。
残された次郎は、昨日施設3階に引っ越し、暖かい場所で元気にしています。
百合一族は、皆、人懐こくとても大切に育てられたことがわかります。
百合、花子、太郎は、大好きな飼い主さんと虹の橋で再会して笑っているのでしょう。

2019/12/10
皆さんこんばんは
今日、午後5:43 百合姫虹の橋に向かいました。皆さんに大切にされとても楽しい二年余りだったと
皆さんにありがとうと伝えておくようにと
さようなら 百合姫
こちらこそ ありがとう。
18歳でした

2019年11月11日午前8時50分
旅立ちに、ニャーと じゃあねと言ったようでした。
いつも腹ペコアピールが上手でおしゃべりな花子さん、17才、虹の橋に向かいました。虹の橋には、先に行って待っている飼い主さんがいるからね。一緒に百合お母さん、太郎、次郎を待っててね。待ちついでに私たちのこと待っててくれると嬉しいな✨

2019/4/27 茉莉衣 虹の橋へ向かいました。
きっと愛之助が独りじゃ寂しいと呼んだのでしょう。人を信じ慕って止まなかった茉莉衣
虹の橋のたもとで沢山の犬猫たちが待っていてくれると思うとなんだか楽しみです❤️

2019/4/20 愛之助 みなさまからの愛をカバン一杯に詰めて虹の橋へ旅立ちました。
もしも虹の橋へ先に行かれる方がおられたら愛之助が間違って13年間飼育してヨボヨボになった彼を保健所に入れた人について行かないように、私達を待っているように伝えてください❤️

2018/10/11 鈴尾くん 虹の橋へ向かいました。
交通事故に遭って保健所で2ヶ月余り保護されていて、あすまいるからうちに来て約半年、怒涛の猫生だったね。鈴尾は、猫部屋ではなく事務所が大好きだったね。優しい鈴尾を忘れないよ❤️

2018/4/14 ちいちゃん、今朝虹の橋へ旅立ちました。10ケ月余りの短い生涯でした。ちいちゃん、ちいちゃん治してあげられずごめんね

2018/4/8 あすまいるから来たうめちゃん改め寧々、今日、虹の橋へ旅立ちました。目が見えず、怖いことばかりだったね。寧々だけを愛してあげられずごめんね。私たちは寧々と出会えて幸せだったよ。寧々のこと忘れないよ

2018/1/11 ミイちゃん 昨夜亡くなりました。
14歳と数ヶ月、うちで暮らした7ヶ月、ミイは楽しかったかなぁ。私はミイと暮らせて幸せだったよ

2017/11/26 ぽんちゃん、今朝亡くなりました。ぽんは、とっても性格の良い子でした。猟師さんのところでは必死で仕事をし、保健所では、不安で一杯だっただろうに明るく振る舞い、うちでは私が何をして欲しいと思っているのか一生懸命考えてくれました。ぽんちゃん短い間だったけど、うちの子になってくれてありがとう お疲れさま

2017/7/24 はんなねぇもう眠くなったからさようなら みんな仲良くしてね ケンカしちゃだめだよ はんなからの最期のお願いだよ